よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > 過失割合の判定は保険会社がする?

この見出しのイメージ図

過失割合の判定は保険会社がする?

過失割合によって自分の賠償責任が大きくもなれば小さくもなります。賠償金は保険が支払うとは言えども心情的に大いに気になる所です。

もらい事故で自分に過失がないと思っていても、いざ蓋を開けてみれば過失割合が付いているものです。自分で普通と思っていた交通常識が実は間違いだらけだったことを思い知るいい機会だとは思います。

さて、そのような過失割合は警察が判定していると思っている方は多いと思いますが違うんですね。過失割合を何のために判定するかというと損害賠償金額の計算の為なんです。1千万円の損害があったとして加害者の過失割合が8割だと過失相殺されて支払う賠償金額は800万円だけになります。損害賠償責任は、民事上の責任ですから警察は介入しません。人身事故と建造物損壊事故が刑事罰の対象になり警察のお世話になります。

1.過失割合の判定は保険会社がする

過失割合の決定は、事故の当事者が示談交渉の中で行っていきます。任意保険に加入していれば賠償金は保険から支払われるので、保険会社の担当者が加害者側として示談交渉をします。被害者側にも過失割合があれば、被害者側の保険も関係してくるので、やはり保険会社の担当者が示談交渉に出てきます。被害者にまったく過失が無い場合は、被害者側の保険は使われませんから被害者側の保険会社は示談に関われず、被害者自身が示談交渉をしなければなりません。被害者の保険に弁護士費用補償特約が付いていれば弁護士等と相談したり代理人にしたりということが可能です。

2.過失割合は過去の裁判例等を参考にして決められる

過失割合は公正でなければ示談が成立しませんから過去の裁判例を参考にしています。過去の判例を参考としていても特殊な事故のケースだと見解の相違がでる可能性もあります。また、被害者は一般的に示談交渉の知識を持ち合わせていませんから不利な状況になることもあります。そのような場合のために、紛争センターなどのADR機関がありますし調停や裁判の手段もあります。

3.自賠責だけで賠償金がまかなわれる場合には

自賠責保険は、被害者救済のための制度です。被害者に重大な過失が無い限り過失割合の相殺は行われず、損害額全額が自賠責の限度額を上限に支払われます。しかし、自賠責だけでは損害額に不足する場合は任意保険からも支払われますが、その時は、損害額全体に対して過失割合の相殺が行われます。損害額が100万円のケガなら自賠責だけで支払われるので被害者に2割の過失があったとしても相殺されずに100万円全額が支払われます。損害額が150万円のケガだと自賠責の傷害による損害の上限120万円では足りず、不足分は任意保険から支払われますが過失割合の相殺がされます。残念なのは、全体の損害額に過失相殺がされることです。仮に被害者の過失割合が2割があれば相殺されて120万円(150万円×8割=120万円)の賠償金が自賠責と任意保険から支払われることになります。