よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > 豪雨・土砂災害による車の被害は補償されるか?

この見出しのイメージ図

豪雨・土砂災害による車の被害は補償されるか?

近年異常気象が多くなっています。局地的に数日間にわたりバケツをひっくり返したような雨が降る事があります。今まで目立った災害が起きていなかった地域でも山が迫っている場所や水につかりやすい低地は今まで以上の注意が必要です。と同時にご自分の自動車保険の再確認もどうぞ。

災害のニュースを見ていると水に浸かった車や倒木の下敷きになっている車、土砂に埋もれた車がありますが、自動車の補償はどのようになっているのでしょうか?

1.車本体の被害は車両保険が補償

車の損害を補償する保険は自動車保険の車両保険です。車両保険には一般タイプと保険料の安いエコノミータイプ(車対車+Aタイプ)がありますがどちらのタイプでも補償されます(車両保険タイプ別補償項目一覧表)。災害の種類によっては補償の対象外となるので注意が必要です。補償される災害事故は次の通りです。

補償される災害種類
  • 台風、洪水、高潮

    ゲリラ豪雨や雷、暴風、竜巻による被害はこの範疇に入ります。

    • 土砂崩れで車が埋もれた
    • 車が水没した、流された
    • 暴風で飛ばされた瓦で車が壊れた
    • 暴風で倒れた木の下敷きになった
  • 飛来物との衝突

    雹(ひょう)で車がへこんだ、ウィンドウガラスが割れた

以上のリストは、一般的な適応項目ですが、念のためご自分の保険資料でご確認ください。

補償されない災害種類
  • 地震
  • 噴火
  • 津波

車両保険では補償されませんが「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」を用意している保険会社が多くなっています。保険金額は50万円が上限なので高級車だと焼け石に水ですが。

2.乗車中の人的被害は人身傷害保険・搭乗者傷害保険が補償

運転者自身と搭乗者がけがなどの傷害を負った場合は、一般的な事故と同じく人身傷害保険・搭乗者傷害保険が使えます。ただし、地震、噴火、津波は補償されません。

3.災害が原因で相手方のある事故を起こした場合は補償なし

災害が原因で事故を起こしても対人・対物賠償保険は使えません。故意または過失によって生じた損害は損害賠償責任を問われますが、災害が事故の原因なら故意または過失はないので賠償責任が問われないからです。