よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > 自動車保険の税金知識

この見出しのイメージ図

自動車保険の税金知識

支払った保険料の税務、受け取った保険金の税務についての知識です。

1.支払い保険料の税務

個人契約の場合

自動車保険の保険料は残念ながら所得税等の控除対象ではありません。何も控除できません。

個人事業主・法人契約の場合

自動車保険の保険料は、事業の必要経費・損金になります。

2.保険金受取り時の税金

(1)個人契約の場合

① 賠償保険(自賠責保険・任意保険)

被保険者
(加害者側)
被害者側
所得が生じないので課税されない 非課税
注)被保険者(加害者側)の税金は、被保険者が自腹で支払った賠償金分を保険会社から受け取った場合のことです。

② 傷害保険
(人身傷害保険・搭乗者傷害保険・自損事故傷害保険)

a. 死亡保険金
契約者(保険料の負担者)、被保険者、保険金の受取人の関係次第で税金の種類が変わります。
契約者 被保険者 保険金受取人 税金種類
被相続人 被相続人 相続人 相続税
相続人 被相続人 相続人 一時所得
第三者 被相続人 相続人 贈与税
注)語彙:被相続人=亡くなった方
b. 後遺障害保険金・入院・通院保険金

負傷した本人やその家族が受け取った場合は、保険料負担者に関係なく非課税です。

③ 無保険車障害保険金

賠償金と同様に取り扱われます。(課税されません)

④ 車両保険金

被保険者に支払われる保険金は非課税です。

(2)個人事業主・法人の場合

① 賠償保険(自賠責保険・任意保険)

業務上の事故による保険金は非課税です。

② 傷害保険
(人身傷害保険・搭乗者傷害保険・自損事故傷害保険)

個人の契約と同じです。事業主が保険金を受け取った場合は事業所得の収入金額になり、死亡退職金等で支給した分が必要経費になります。

③ 無保険車障害保険金

個人の契約と同じです。事業主が保険金を受け取った場合は事業所得の収入金額になり、死亡退職金等で支給した分が必要経費になります。

④ 車両保険金

保険金は事業所得の収入金額・益金になり、修理費等は必要経費・損金になります。