よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > 告知事項の注意点

この見出しのイメージ図

告知事項の注意点

保険に加入する際の告知事項にうそや間違いがあると契約を解除されたり、保険金が支払われなかったり、支払われた保険金を返還しなければならなかったりします。

1.告知事項にうそや間違いがあった場合の処遇

保険会社によって多少の違いはありますが概ね次のような対処をされます。

  • 告知の訂正要求

    真の告知内容であっても契約が可能であれば告知内容の訂正を要求されます。正しい保険料をさかのぼって請求されます。

  • 契約の解除
  • 保険金が支払われない

    告知違反と事故に関連性があると判断されれば、保険金は支払われず契約は解除されます。

  • 保険金の返還請求

    保険金が支払われた後、5年以内に告知違反が見つかり告知違反と事故に関連性があると判断されれば、保険金の返還を請求され契約は解除されます。

2.告知事項について

告知内容によって保険会社は契約を引き受けるかの判断、また、保険料が決まります。告知事項にはどのような内容のものがあるのでしょうか。

生命保険や医療保険のように告知書としてまとめられているわけではありません。インターネットの見積もり画面や契約画面等に告知事項と記載されている部分が告知時効になります。

告知事項
  1. 記名被保険者の住所・氏名・生年月日
  2. 記名被保険者の免許証の色

    保険開始時点における色

  3. 車の用途・車種・登録番号
  4. 車の車名・形式
  5. 車の初年度登録年月
  6. 車の使用目的

    業務使用/通勤・通学/日常・レジャー

  7. 車が事業用であるかどうか

    車検証の用途欄に「営業用」と記載のある自動車、業務専用として使用する自動車

  8. 現契約の保険会社
  9. 現契約のノンフリート等級
  10. 現契約の事故件数
  11. 現契約の現契約の事故有係数適用期間
  12. 車の改造の有無
  13. 車の修理・補修を要する傷の有無

    車両保険加入の場合

  14. 有償での貨物運搬の有無
  15. 過去13か月以内の満期または解約・解除契約の有無
  16. 特別危険料率の適用予告通知の有無
  17. 同じ車で契約保険期間が重複する契約の有無