よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > 他人の車を運転する時には

この見出しのイメージ図

他人の車を運転する時には

他人の車を運転する時に心配することは、事故を起こした場合の保険のことではないでしょうか。

1.その車の保険を使えない場合もある

他人の車の保険で自分が補償されるかどうかは、貸主に聞いてみるしかありません。貸主が心もとなければ保険証券を見るしかありません。

補償が受けられない保険の種類は、家族限定特約が付いている保険です。本人型とか夫婦型とか家族型がありますが補償されるのは限定された家族だけです。

2.自分の車の保険が使える

自分の車や親の車の保険で自分が保険の対象になる場合は、他車運転特約が付いていれば対人賠償保険・対物賠償保険・自損事故傷害保険(保険会社によっては含まない)・車両保険が使えます。また、人身傷害保険の一般タイプ(ご契約車の搭乗中のみ補償特約が付いていないタイプ)の場合は、他車運転中も自分と同乗者のけが等の傷害も補償されます。

他人の車の保険を使える場合でも、迷惑を掛けたくなければ自分の保険を使えます。

3.何の補償もされない場合

他人の車の(任意)保険も使えず、自分側の保険も無い場合に受けられる補償は、自賠責保険の補償だけです。自賠責保険は、補償の限度額がある対人賠償責任保険だけです。対人賠償で不足する分や対物賠償は、運転者自らが支払う必要があります。相手のためにも自分のためにも、保険の付いていない車を運転することはあってはならないことです。

4.1日保険があるじゃないか

1日だけの補償が受けられる東京海上日動火災保険が扱う「ちょいのり保険」で安心が買えます。費用もわずかなものです。1日保険は、現在1社だけしか扱っていません。