よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > スムーズな示談のためにすること

この見出しのイメージ図

スムーズな示談のためにすること

事故に慣れている人はいませんから事故の瞬間に頭が真っ白になるのは仕方のないことです。気をしっかり持って、落ち着いて事故の対応をすると同時に、今後の示談をこじらせないような配慮も必要です。示談をこじらせる大きな原因は気遣いの無さと不当な賠償金額です。

1.被害者を気遣うこと。

お見舞いの図

謝ったら負けとばかりに相手への気遣いをしないのは、被害者を感情的にします。相手の過失の有無や過失割合も分からない中で全面的に誤ることは不用ですが、人としての気遣いは必要です。事故現場での気遣い、お見舞い等の気遣いは必要です。

2適正な保険金額が算定されるように留意すること。

適正な保険金額の図

保険会社が示談交渉で提示する賠償金額は、会社基準の金額です。被害者が弁護士を立てた場合の金額や裁判で争った場合の金額よりも少ない額です。過失割合や損害額の算定判断に誤りがあった場合は、更に少ない賠償金額になり被害者を困らせることになります。契約者がせっかく十分な保険に入っていても適正な賠償金が支払われなければ禍根を残します。適切な判断がされるように実況見分などで間違いの無い証言が必要です。

3.現場検証(実況見分)では客観的な事実関係を正直に話すこと。

客観的な事実関係の図

現場検証での聴取は大変重要です。誤解を招かないように簡潔明瞭に必要なことを漏らさずに伝えます。警察官は、当事者を別々に聴取します。相手が正しく伝えているか分かりません。事故に至る場面から事故後の場面までもらさずに伝えます。

  1. いつ(事故発生時間)
  2. どこで(事故の場所)
  3. 誰が(当方の運転者)
  4. 誰に(被害者・相手方運転手・)
  5. ぶつかった・ぶつけられた(人身事故か物損事故か両方か)
  6. なぜ(事故原因)
  7. どのように(事故が起きた状況、位置関係・速度等)

4.適正な過失割合の判断ができる材料を揃えること。

適正な過失割合の図

事故の主な原因がこちらにあるとしても100パーセントの責任があるケースは稀です。適正な過失割合が決まるように協力します。不当と思える過失割合では示談が進みません。

警察は民事不介入ですから過失割合は、保険会社の事故担当者が判例等から判断して決めます。判断するのに十分な材料を提供しましょう。当事者は、負傷の状態にもよりますが可能であれば、事故現場で事故時の状況、位置関係、速度等を確認しあい、写真も可能であれば、ふんだんに撮影し、双方の言い分に隔たりがある場合などは目撃者の協力を得ることも必要です。後々のために、目撃者のお名前、ご住所、連絡先を聴いておいた方が良いです。

5.勝手な約束をしないこと。

勝手な約束の図

示談は保険会社が行いますからどのように賠償するかは言えませんし、言ってはいけません。お見舞い等で被害者の方に会われる場合に示談に話が及んでも「保険会社に任せているので私は決められる立場にないのです。保険会社とお話してください。」が重要です。いい気になって口約束してはいけません。被害者の方は、加害者が言ったことは、してもらえるものだと思います。保険会社の保険金で足りなければ自分で支払うことになってしまいます。