よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > 対物超過修理費特約の必要性

この見出しのイメージ図

対物超過修理費特約の必要性

対物超過修理費特約は、相手の車の修理費と対物賠償保険金の差額を限度額内で支払います。

損害賠償で支払うべき車の修理費は車の時価額が限度になります。車の時価額を超える修理費用がかかる場合、全損扱いとなり時価額相当のみの保険金が支払われ、修理費との差額部分は対物賠償保険では支払えない部分となります。

保険金と修理費の差額は、被害者があきらめてくれなければ加害者である契約者が支払うことになります。法的には、払う必要の無いお金ですが杓子定規にやってもその後の交渉がやりにくくなり、円満解決から離れていきます。

対物超過修理費特約の支払い上限額は、ほとんどの保険会社が50万円ですが、無制限での選択が出来る損保もあります。対物超過修理費特約の概要

対物超過修理費特約のメリット

  • 保険と修理費の差額分を自分で払わなくて済む。
  • 示談交渉に悪影響を与えずに済む。

対物超過修理費特約のデメリット

  • 特約保険料がかかります。(500円ほどかかりますが、費用対効果でいえば安いです。)

(注)保険会社により特約内容が異なります。対物賠償保険に自動付帯されている保険会社もあります。