よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > ノンフリート等級引継ぎのルール

この見出しのイメージ図

ノンフリート等級引継ぎのルール

1.ノンフリート等級の引継ぎルール(要件)が気になる人はどういう人?

二通りの方がいらっしゃいます。

等級引継ぎケースの図
  • 20等級などの優良な等級を家族に引き継ぎたい人

    20等級の保険料は63%引きです。新規契約から20等級になるまでには最短でも14年もかかります。そのような割引率の大きいお宝等級を持つ方が、運転を止めるのを機会に孫に引継ぎたいとか、20歳の娘が車を買ったので保険料の観点から娘に等級を引継ぎたい場合に気になってきます。

  • 1等級などの悪い等級を引き継がずに再契約したい人

    1等級の保険料は64%増しです。事故で保険を多用し1等級などの低い等級になってしまった場合は何とかしてこの等級を引き継がずに済む方法が気になります。


2.ノンフリート等級の引継ぎルール(要件)

このルールの根底にある思想は、家族内での常識的な範囲内での引継ぎは認めるけれど、割増し等級の保険加入者が仕組みの盲点を突いて等級逃れをするのを防ぐということです。

次の(1)~(3)の条件をすべて満たすことが前契約のノンフリート等級を引き継ぐ要件です。等級逃れを防ぐ意味合いがあるのでややこしい部分があります。

(1)記名被保険者の同一性があるか。

記名被保険者の同一性の図

前契約と次契約の記名被保険者の関係が、次の①~③のいずれかであること。

① 同一
② 配偶者(内縁含む)
③ 同居の親族

なお、割増等級逃れ防止のため、次契約で割増等級になるはずだった契約の場合には、上記以外の人を記名被保険者にしても保険会社によって異なる何かしらの規定を付けられて(1)の条件を満たしているものとみなされるようです。

(2)契約する車の同一性があるか。

契約する車の同一性の図

前契約と次契約の車が、次の①~②のいずれかであること。

① 同一
② 違う車の場合は、その所有者が前契約で下記ア~エのいずれかであったこと。
−記−
ア 車の所有者
イ 記名被保険者
ウ 記名被保険者の配偶者(内縁含む)
エ 記名被保険者または配偶者の同居の親族

(3)前契約の契約末日から次契約開始までの期限

次契約開始までの期限の図

次契約が割引等級(6等級以上)になる場合と割増等級(5等級以下)になる場合とで分かれます。すなわち、優良等級を引継ぎたいのか不良等級を引継ぎたくないのかで期間が違ってきます。

  • 割引等級(6等級以上)の場合

    前契約の末日の翌日から7日以内です。8日以上経過すると原則としては引継げません。

    (注)継続手続きを忘れた場合などは、30日ほどの猶予期間が与えられます。ただし、前契約と次契約が同じ保険会社に限ります。他社乗換えはダメです。

  • 割増等級(5等級以下)の場合

    13か月以内です。引継がないためには13か月を超えることが必要です。任意保険なしで運転するのは現実的ではないので、保険に入るか1年ちょいは運転をあきらめるしかありません。