よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > 事故を起こしたとき

この見出しのイメージ図

事故を起こしたとき

どうしよーの図

事故を起こしてしまったら、ドキドキして、なかなか冷静ではいられません。どうしよーどうしよーと思い込むとパニックになるかも知れません。事故の当事者になったとたん頭が真っ白になり思わぬ行動を起こす例があります。落ち着きを取り戻せば、何をするべきかが自然とわかってきます。

事故は必ず起きます。今日大丈夫でも、明日も大丈夫とは限りません。突然起こる事故にも想定訓練がものをいいます。事故時のフローを時々思い出すだけでもイザという時の役に立ちます。

事故時のフロー

  1. 救護処置
    救護処置の図

    負傷者が出た場合は、その救護が最優先です。被害者のけがの程度が軽ければ安全な場所に移動し、救急車を呼び、出来る範囲で応急処置をします。

  2. 二次的な事故の防止
    救護処置の図

    二次的な事故を起こさないように最大限の注意を払います。車から安全地帯への移動中の事故。三角表示板の設置中の事故。後続車などが事故車に追突するなどの事故。このような二次的事故を招かないように状況に応じた処置を出来る範囲でします。

    危険防止のため車を安全な場所に移動する場合、車の停車位置が分かるように運転席から2か所の見えるものを確認出来ると良いです。

  3. 警察への通報
    警察への図

    事故の大きさや人身・物損事故に関わらず警察に通報します。警察の到着を待つ間、携帯電話やスマホのカメラ機能で現場写真をたくさん撮影しておくと良いです。カメラ等がなければ車の位置を再現した図をメモしておくと良いです。警察官に氏名を聞いておくと良いです。

  4. 相手の確認
    メモするの図

    事故の当事者同士で最低でも住所、氏名、連絡のつく電話番号、車のナンバープレート、保険会社名・証券番号・契約者名を確認します。出来れば勤務先の会社名と電話番号も確認します。もし、警察官が来ない場合には、免許証と車検証で住所、氏名、所有者の確認と運転者と違う場合には関係も確認しておきます。事故の状況を当事者同士で確認します。確認したことはメモしてください。

  5. 保険会社への連絡
    保険屋さんへの図

    保険会社へ連絡し指示を受けます。今後の動きは、保険会社の指示通りにします。自力走行できない時はレッカーも手配してもらいます。不明な点は、良く相談してください。