よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > ちしき  > 交通事故に健康保険は使えます

この見出しのイメージ図

交通事故に健康保険は使えます

交通事故で病院にかかるときに健康保険を使っていいのか悪いのかで悩みます。健康保険を使えないこともないけど、基本的に医療機関は自由診療でいきたいようです。どうなっているのかを調べました。

1.交通事故で健康保険を使う場合、使わない場合

(1)健康保険を使う場合

  • 事故の相手から損害賠償金が出ない、または少ない場合
  • 自分の自動車保険から保険金が出ない、または少ない場合

単独事故(自損事故)や相手方がいても自分に100%の過失がある場合などは損害賠償金が出ません。また、自分の自動車保険からも傷害保険金が出ない場合などでは、健康保険を利用します。

損害賠償金の取れる事故でも自賠責保険の限度額を超える場合は任意保険が適用されます。その場合自賠責の賠償金額も含めて過失相殺されますから自分の過失割合分は自己負担になってしまいます。治療費が賠償金を越える前に健康保険に換えた方が出費が少なくなります。

(2)健康保険を使わない場合(自由診療)

  • 損害賠償金がまるまる取れる事故の場合
  • 自分の自動車保険から保険金が出る事故の場合

相手の自賠責保険・任意保険の対人賠償保険が適用され、治療費等が支払われる場合や自分の自動車保険からも傷害保険金が出る場合など治療費に困らない場合は、治療方法の制約を受けない自由診療で治療を受けます。

(3)労災保険を使う場合

事故が労働災害の適用を受ける場合は労災保険の適用となります。

2.損害賠償義務者(加害者)のいる事故でも健康保険を使ってよいのか

(1)健康保険も国民健康保険も利用できます。

健保だめなの?

健康保険法等の条文を見ても交通事故で健康保険を使うことに問題はありません。ところが健康保険は自らの疾病・けがに対する給付で第三者被害の給付は原則としては受けられないなどと言う医療従事者がおられるのも事実です。

法的には第三者被害の給付でも健康保険の利用は可能です。もしも、健康保険の利用を拒否されたら健康保険事務所で聞いてみますとでも言えば前言撤回するかもしれません。緊急を要しなければ別の病院へ行ったほうが良いかもしれません。

損害賠償義務者(加害者)のいる事故

第三者の行為によって傷害を受けた場合は、健康保険を利用した分について損害賠償請求権を健康保険事務所が譲り受けて加害者に請求することになっています。この場合の健康保険の意義は、健保加入者による相互扶助の助け合いでは無く、あくまでも被害者が健保を使いたいという事情によるだけのものと考えられます。加害者のいる交通事故で健保を使う場合は、健康保険事務所へ「第三者行為による傷病届」の届出が必要とのことです。


3.医療機関は、損害賠償義務者(加害者)のいる事故の場合は、健康保険での治療を嫌がるようです

医療機関は健康保険よりも自由診療が出来る自賠責保険・任意保険を使いたいという頭があるようです。なぜなのかを調べました。

医療機関が自賠責保険・任意保険を使いたい理由
  • 利益率が良いから

    健康保険の診療報酬が1点10円、自由診療は患者と自由に1点当りの単価を設定出来ます。概ね20円から25円くらいが多いようです。同じ治療内容でも健康保険より2倍以上の儲けが出ます。

  • 交通事故は、早期に十分な治療が必要だから

    健康保険だと治療内容に制約があり十分な治療が出来ない場合もあります。

  • 加害者・警察への説明など特別な配慮・労作が必要だから

    健康保険だとそれらの費用を回収する項目が無い。

  • 健保事務所が加害者から回収できるまでに時間がかかるから

    自賠責保険と任意保険の一括払い方式だと示談が成立するまで集金を待たなければならない。また、健保組合によっては交通事故の健保使用を拒否することもある。


4.任意保険会社の立場では自社の出費が少ない健康保険が魅力的

任意保険会社は、自賠責保険の賠償金の限度額(けが120万円)以内で治療費等すべての賠償金が納まるなら、任意保険会社から出すお金はゼロですから高い自由診療でも構わないのです。

しかし、自賠責限度額を突破して任意保険の支払い対象になってくると健康保険での治療に切り替えようとするようです。


5.被害者の立場では自分の出費が少ない方が魅力的

自分の過失がゼロなら治療費がいくらかかろうが自己負担はゼロですから、治療方法の成約の無い自由診療が望ましいはずです。しかし、過失割合があるとその分は自己負担となるので健康保険のほうが安上がりになり助かります。