よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > 他車運転特約

この見出しのイメージ図

他車運転特約

1.他車運転特約とは

他人の車を被保険自動車とみなし、保険の対象としてくれる特約です。被保険自動車の契約条件と同様に「対人賠償保険」「対物賠償保険」「自損事故傷害保険(保険会社によっては含まない)」「車両保険」が適用されます。自動付帯で付く保険会社が多いです。

2.特約の条件

特約の補償を受けるには条件があります。

3.保険金が支払われない場合

対人賠償保険、対物賠償保険、車両保険、自損事故傷害保険の規定のほかに次の条項が追加されます。

  1. 被保険者の使用者(雇い主)の業務(家事を含まない)のために、その使用者の所有する自動車を運転している時。
  2. 被保険者が役員となっている法人の所有する自動車を運転している時。
  3. 自動車を取り扱う業務として受託した他の自動車を運転している時。
  4. 他の自動車の使用について正当な権利者の承諾を得ないで運転している時

他車運転特約の重要な用語


他の自動車

記名被保険者およびその家族が所有する自動車(注1)以外の自動車であって、その用途車種が次のいずれかに該当するものをいいます。 ただし、記名被保険者または、その家族が常時使用する自動車を除きます。
上から5番目までが自家用5車種、7番目までが7車種、8番目までが8車種と呼ばれます。保険会社により他社に含める車種が何車種までか違うので、人の車に乗る前に要チェックです。

  1. 自家用普通乗用車
  2. 自家用小型乗用車
  3. 自家用軽四輪乗用車
  4. 自家用小型貨物車
  5. 自家用軽四輪貨物車
  6. 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
  7. 自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
  8. 特殊用途自動車(キャンピング車)
(注1)所有権留保条項付売買契約により購入した自動車、及び1年以上を期間とする貸借契約により借入れた自動車を含む。