よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > 対物超過修理費特約

この見出しのイメージ図

対物超過修理費特約

1.対物超過修理費特約とは

対物賠償保険から支払われる修理費は、時価額までです。
普通に考えれば、壊した物が高額であれば直して返します。修理代が高ければ同等品で返します。同等品が無ければ、・・時価相当額を渡します。ですから事故時の時価額までしか保険金がでないというのは最もな話なんです。しかし、・・・それを納得してくれる方ばかりではありません。

対物超過修理費特約は、相手自動車の損害に対して対物賠償保険では支払えない部分の修理費を支払います。ただし、青天井ではなく、特約保険金額が上限になります。上限額は、ほとんどの保険会社が50万円ですが、チューリッヒのみ無制限での選択が出来ます。なお、対物賠償保険と同じく相手の過失分は差し引かれて支払われます。

対物超過修理費特約の補償対象

  1. 自動車の損害のみです。他のものは対象外です。

2.何のために必要か

対物賠償保険で支払われる相手の車の修理費は、車の時価額までです。修理費が時価額より高ければ、この支払われない超過分の修理費用について相手の方と揉める可能性があります。特に、相手の過失割合が低ければ低いほど支払われないことへの不条理性を訴えられます。法的に決定した損害賠償額でなければ賠償責任はありませんが、示談交渉が難航するので自分が支払わざるを得ないことにもなりかねません。その対応策として有効です。

3.保険金が支払われる場合

被保険者が対物事故により法律上の損害賠償責任を負い、次のすべての条件を満たす場合に保険金が支払われます。

  • 対物賠償保険金が支払われること。
  • 対物事故によって壊れた他人の財物が自動車であること。
  • 修理費が車の時価を上回ると認められること。
  • 期限内に実際に修理をし、修理費がかかっていること。

4.保険金が支払われない場合

  • 契約者、記名被保険者、被保険者の故意による事故の場合。
  • 記名被保険者・被保険者の所有物、受託物の損害の場合。
  • 運転者または被保険者の父母、配偶者、子の所有物、受託物の損害の場合。
  • 戦争、暴動、(核燃料物質等による損害、)地震、噴火、津波、台風、洪水、高潮による事故の場合。
  • 競技、曲技、試験使用の場合。
  • 被保険自動車に危険物を業務として積載すること、または、危険物を業務として積載した自動車を牽引することにより生じた損害。

5.対物超過修理費特約で支払われる保険金

1回の対物事故により対物超過修理費用が生じた相手自動車1台につき、次の算式によって算出した額を対物超過修理費用保険金として支払われます。ただし、特約金額が上限です。

対物超過修理費保険金=超過分の修理費×被保険者の過失割合

対物超過修理費特約の重要な用語


被保険者

対人・対物賠償に定める被保険者をいいます。

  1. 記名被保険者

    保険証券の記名被保険者欄に記載される人で、契約者、その配偶者またはこれらの同居の親族等の内、保険の対象となる車(被保険自動車)を主に運転する人です。

  2. 被保険自動車を使用または、管理中の次の人
    1. 記名被保険者の配偶者(内縁を含む)
    2. 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
    3. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
  3. 記名被保険者の承諾を得て被保険自動車を使用・管理中の人

    ただし、自動車取扱業者が業務として受託した被保険自動車を使用・管理している間を除きます。

  4. 記名被保険者の使用者(雇主のことです)(請負契約、委任契約またはこれらに類似の契約に基づき記名被保険者の使用者に準ずる地位にあるものを含みます。)

    ただし、記名被保険者が被保険自動車をその使用者の業務に使用している場合に限ります。

相手自動車の修理費

損害が生じた地および時において、相手自動車を事故発生直前の状態に復旧するために必要な修理費をいいます。ただし、相手自動車に損害が生じた日の翌日から起算して6か月以内に相手自動車の損傷を修理することによって生じた修理費に限ります。

相手自動車の価額

損害が生じた地および時における、相手自動車と同一車種、同年式で同じ損耗度の自動車の市場販売価格相当額をいいます。