よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > 車両新価保険特約(新車特約)

この見出しのイメージ図

車両新価保険特約(新車特約)

1.車両新価保険特約(新車特約)とは

車両保険の支払い対象となる事故(盗難を除く)で、契約した車が全損、または、修理費が保険金額(協定保険価額)の50%以上、かつ、車体の本質的構造部分に著しい損害が生じている場合に限り 、再購入費用として被保険自動車の新価相当額が支払われます。

この特約をつけられる新車は、初年度登録から一定期間内に限られます。11か月、25か月、37か月と保険会社により異なります。また、この特約のない保険会社もあります。

2.何のために必要か

新車特約が付いていない場合の全損時に支払われる保険金は、保険加入時の協定価額(保険金額)または、事故時の同程度車の市場価額(保険価額)です。新車価額より低い保険金です。この特約を使えばその差額を埋めることが出来ます。