よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > 無保険車傷害保険

この見出しのイメージ図

無保険車傷害保険

1.無保険車傷害保険とは

無保険車または無保険車とみなされる自動車(注)との事故で、相手に損害賠償責任がある場合に限り、被保険者(運転者や同乗者)の傷害(後遺障害・死亡)に対して保険金が支払われます。ケガの補償はありません。相手車から対人賠償保険および自賠責保険が出る場合はその額が差し引かれます。

この保険は、対人賠償保険に自動付帯されることが多いですが、保険会社により選択となる形態もあります。必ず付けるように注意が必要です。

(注)無保険車または無保険車とみなされる自動車
  1. 対人賠償保険が付いていない場合
  2. 対人賠償保険から保険金が支払われない場合
  3. 対人賠償保険から支払われる保険金よりも無保険車傷害保険の保険金の方が高い場合
  4. 当て逃げなどで相手自動車が明らかでないなどの場合

補償される人

  1. 被保険自動車(ご契約の自動車)の搭乗者全員が補償されます。(被保険者に含まない者を除く)
  2. 被保険自動車以外の他の車に搭乗中の場合では、記名被保険者・配偶者・同居の親族・別居の未婚の子が補償されます。

2.何のために必要か

無保険車からのもらい事故や当て逃げされた場合の被保険者の傷害(後遺障害・死亡)に備えるために必要です。自車の対人賠償保険と同じ保険金額(上限2億円)で設定されます。
死亡および後遺障害の損害が実際の損害額で補償されます。けがの補償はありません。

3.契約する保険金額

対人賠償責任保険と同額が自動で付きます。無制限の対人賠償責任保険の場合は、2億円が保険金額になります。

4.保険金が支払われる場合

  • 被保険者が無保険車事故で死亡、または、後遺障害になった場合に支払われます。

5.保険金が支払われない場合

  • 被保険者の故意、重大な過失による損害の場合。
  • 被保険者の無免許運転、酒酔い運転、麻薬等運転による損害の場合。
  • 被保険者の無断借用中の損害の場合。
  • 後遺障害を裏付ける医学的他覚所見のない場合。
  • 自殺行為、犯罪行為、闘争行為による損害の場合。
  • 保険金受取人の故意、重大な過失による損害の場合は、その者への支払いはありません。
  • 賠償義務者が次の者の場合
    • 被保険者の父母、配偶者、子
    • 被保険者の使用者(雇い主)。(ただし、被保険者がその使用者の業務に従事している場合に限ります。)
    • 被保険者の使用者の業務に無保険自動車を使用している他の使用人。(同上)
  • 戦争、暴動、地震、噴火、津波、核燃料物質等による損害の場合。
  • 競技、曲技、試験使用の場合。
  • 被保険自動車に危険物を業務として積載すること、または、危険物を業務として積載した自動車を牽引することにより生じた損害。

6.無保険車傷害保険で支払われる保険金

1回の無保険車傷害事故につき被保険者1名ごとに支払われる保険金額は、次の算式による金額が契約保険金額を限度に支払われます。

保険金=損害額+費用−(自賠責保険や対人賠償保険、その他から支払われる金額)

損害額は、賠償責任義務者が法律上負担すべきとされる損害賠償責任の額で被害者側と保険会社の協議や訴訟で決定されます。


無保険車傷害保険(特約)の重要な用語


被保険者

保険の補償を受ける人、または保険の対象になる次の人をいいます。

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
  5. 前述の者以外で被保険自動車に搭乗中の者
次のものは被保険者に含まない
極めて異常かつ危険な方法で搭乗中の者
業務として被保険車を受託している自動車取扱い業者