よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > 自損事故傷害保険

この見出しのイメージ図

自損事故傷害保険

1.自損事故傷害保険とは

自損事故のように自賠責保険や政府の保障事業から損害のてん補が受けられない傷害(ケガ・後遺障害・死亡)に対して支払われる保険です。

この保険の対象となる自動車事故とは、事故の相手方となる他車がいない自損事故のほかに、他車がいても自分の方が100%悪くて相手方には損害賠償責任が発生しないような事故を指します。
  具体的には、電柱に衝突した、崖から転落した等の自損事故やセンターラインをオーバーして対向車と衝突したなど相手車が完全無過失である場合です。

人身傷害保険に加入している場合は、自損事故傷害保険よりも人身傷害保険の方の補償額が多いことから自損事故傷害保険は自動付帯されず人身傷害保険で補償されます。
 人身傷害保険は未加入で搭乗者傷害保険に加入の場合は、両方から支払われます。この保険は、対人賠償保険に自動付帯されることが多いですが、保険会社により選択となる形態もありますから注意が必要です。

補償される人

  1. 被保険自動車(ご契約の自動車)の搭乗者全員が補償されます。(被保険者に含まない者を除く)

2.何のために必要か

自損事故時の被保険自動車(契約した車)の搭乗者全員の傷害(ケガ・後遺障害・死亡)を一定金額の保険金で補償するために必要です。

3.自損事故傷害保険の考え方

この保険は、自賠責保険や政府の保障事業から保険金や損害のてん補が受けられない自動車事故に対しての補償です。自賠責保険は自動車事故被害者に対する最低限の補償と考えていいと思いますが、この自損事故傷害保険の保険金は自賠責保険のほぼ半分程度です。このことは、自損事故の責任が運転者に全面的にあることと関係しているように思われます。

自賠責と同じ程度の死亡保険金にするには搭乗者傷害保険を1500万円付ける必要があります。さらに、実際の損害額に対して保険金が不足すると困るという場合は、搭乗者保険での備えではなくて人身傷害保険での備えをすることが必要です。

4.保険金が支払われる場合

  • 被保険者が次の急激かつ偶然な外来の事故によって傷害(ガス中毒を含みます。)を被った場合で、自動車損害賠償保障法に基づく損害賠償請求権が発生しない場合に支払われます。
    • 被保険自動車の運行に起因する事故
    • 被保険自動車の運行中の次の事故
      • 飛来中または落下中の他物との衝突
      • 火災または爆発
      • 自動車の落下

5.保険金が支払われない場合

  • 被保険者の故意、重大な過失による損害の場合。
  • 被保険者の無免許運転、酒酔い運転、麻薬等運転による損害の場合。
  • 被保険者の無断借用中の損害の場合。
  • 後遺障害を裏付ける医学的他覚所見のない場合。
  • 自殺行為、犯罪行為、闘争行為による損害の場合。
  • 保険金受取人の故意、重大な過失による損害の場合は、その者への支払いはありません。
  • 戦争、暴動、地震、噴火、津波、核燃料物質等による損害の場合。
  • 競技、曲技、試験使用の場合。
  • 被保険自動車に危険物を業務として積載すること、または、危険物を業務として積載した自動車を牽引することにより生じた損害。

6.自損事故傷害保険で支払われる保険金

1回の自損事故傷害保険につき被保険者1名ごとに支払われる保険金額は次の通りです。

医療保険金
  1. 入院:6,000円×入院日数
    通院:4,000円×通院日数

    上限100万円

後遺障害保険金
  1. 等級により50万円から2,000万円
死亡保険金
  1. 1,500万円

    1回の事故につき既に支払った後遺障害金がある場合は差し引かれます。


自損事故傷害特約の重要な用語


被保険者

保険の補償を受ける人、または保険の対象になる次の人をいいます。

  1. 被保険自動車の保有者

    自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供するものをいう。

  2. 被保険自動車の運転者

    他人のために自動車の運転又は運転の補助に従事する者をいう。

  3. 前1,2以外の搭乗者で正規の乗車装置またはその装置のある室内に搭乗中の者。
次のものは被保険者に含まない
極めて異常かつ危険な方法で搭乗中の者
業務として被保険車を受託している自動車取扱い業者