よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > 政府の自動車損害賠償保障事業


この見出しのイメージ図

政府の自動車損害賠償保障事業

自賠責保険から保険金が出ない事故でも、政府の自動車損害賠償保障事業で被害者救済が行われるケースがあります。その場合、被害者は直接政府(国土交通省)の保障事業へ請求すれば補償が受けられます

1.政府の自動車損害賠償保障事業の対象

  • 自賠責と同様に「人」の損害に限られます。
  • 自賠責保険の対象とならない被害者に対し、社会保険の給付や加害者からの賠償金だけでは損害額に対して不足が生じる場合
対象となる事故
  1. ひき逃げによる事故
  2. 盗難車による事故
  3. 無保険車による事故

2.政府の自動車損害賠償保障事業の特徴

  1. 支払い限度額は、自賠責保険と同じです。
  2. 社会保険からの給付が得られる場合には、給付の有無には関係なく、その分が差し引かれて支払われます。

    怪我の治療には、健康保険等を使う必要があります。

  3. 政府は、被害者に支払った後、加害者に求償します。

3. 保険金が支払われない場合

  1. 示談が成立し、示談の条項どおりに損害賠償金が被害者に支払われている場合
  2. 自損事故で他車が認められない場合
  3. 被害者に100パーセントの過失がある場合