よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > 自賠責保険は、加害者でも被害者として補償を受けられます


この見出しのイメージ図

自賠責保険は、加害者でも被害者として補償を受けられます

自賠責保険では、自動車事故の過失割合に関係なく、けがした人を「被害者」として扱います。ぶつけられた方は当然被害者ですが、ぶつけた本人も生命・身体上の被害があれば被害者です。

1.自賠責保険における被害者とは

両方とも被害者の図

ぶつけられた方にしてみれば、なんで自分が加害者になるの・・? と思いますよね。でも、自賠責保険は、自動車による事故で生命又は身体が害された人を被害者として保護する仕組みです。

加害者に100%の過失がない限り被害者側にも過失があることになります。自賠責保険と任意保険とで大きく異なる点があります。自賠責保険では、重大な過失が無ければ過失相殺されないので加害者側であっても被害があれば損害賠償額がまるまる支払われます。ただし、支払われるのは相手車両についている自賠責保険からです。相手車両のいない事故では支払われません。

2.被害者請求は誰がやってくれるの?

自分自身で行うことになりますが、後遺障害があるなどの場合は、交通事故に詳しい弁護士等に相談することをおすすめします。軽症であればご自分で十分に出来る手続きです。揃える書類は色々あります。まずは、相手の車の自賠責保険会社に連絡して保険金請求申請書一式を送ってもらいます。相手の自賠責の保険会社名は自動車安全運転センターから取り寄せる事故証明書に記載されています。