よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > 自賠責保険とは


この見出しのイメージ図

自賠責保険とは

1.自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)早分かり

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法という法律で次のように定められています。

  • 自動車事故の被害者救済を目的にしています。
  • すべての車(注1)に加入が義務付けられています。
  • けがや死亡などの人に対する傷害を補償します。
  • 車の所有者や運転者(注2)に損害賠償責任がある場合に限り保険金が支払われます。
(注1)すべての車:農業用の小型特殊自動車を除きます
(注2)所有者や運転者:所有者や使用権を持つ者が自己のために運行した場合に自賠責保険が適用されます。所有者や使用権利者から許可を得て借りた人の事故にも保険金がでます。また、自己の為の運行とは、その運行を支配できる立場にあるという意味です。

2.自賠法の被害者救済理論

自動車事故の被害者がこの自賠法によりどのように救済されているのかは次のような理論の組み立てです。良い法律は良く考え抜かれているからこその単純理論です。

  • この法律では、加害者に事故の原因となる過失がなくても、
    被害者が100パーセント悪いということでなければ、
    加害者に損害賠償責任を生じさせています。
  • この法律により、すべての車に自賠責保険の加入を義務付けています。

このようになっているので自動車事故のほとんどの被害者は、自賠責の補償を受けることが出来ます。

なお、盗難車による事故やひき逃げされた場合などは、自賠責の対象外のため保険金が支払われません。このような自賠責で補償されない事故は、政府の自動車損害賠償保障事業から自賠責と同水準の補償がされます。

3.自賠責保険金が支払われる場合

  1. 自動車の運行による事故であること。

    必ずしも、走行中の事故である必要はありません。

  2. 身体・生命の損害が対象です。

    「ヒト」への補償であり「モノ」の損害は対象外です。

  3. 加害者に損害賠償責任が発生していること。

    事故の責任が被害者に100パーセントある場合でない限り、運転者には損害賠償責任が生じ保険金が支払われます。また、車同士の事故で、片方が100パーセント悪いのでない限り双方とも自賠責保険を利用できます。

  • 飲酒運転・無免許運転の場合も保険金は支払われます。
  • 家族内で加害者と被害者の立場になった時でも

    被害を受けた家族が車の所有者や免許所持者でなければ保険金が支払われる可能性があります。

4.自賠責保険金が支払われない場合

  1. 契約者・被保険者の悪意による損害の場合
  2. 重複契約の場合

    契約日の最も早い契約以外免責になります。重複して加入しても支払われるのは最初の契約分だけです。

5.自賠責保険金の支払限度額

死傷者1名あたりの支払限度額

死亡事故
  1. 死亡による損害・・最高3000万円
  2. 死亡にいたるまでの障害による損害・・最高120万円
傷害事故
  1. 傷害による損害・・最高120万円
  2. 後遺障害による損害・・75万円(第14級)~3000万円(第1級)
  3. 著しい障害を残し介護が必要な場合・・・常時介護のとき最高4000万円、随時介護のとき最高3000万円
  • 被害者に重大な過失がある場合は減額されます。
  • 被害者一人当たりの限度額はありますが、一事故あたりの限度額はありません。
  • 加害車両が複数の場合、それぞれの車から重複して支払われます。ただし、損害額が限度です。

6.自賠責保険の請求方法

(1)一括払い

加害者側の任意保険会社が自賠責保険から支払われる保険金分を立替えて、任意保険の保険金と一括で被害者に支払う方法です。保険会社は後で自賠責保険会社に領収書などを提示して立替え分を回収します。

保険金請求書に添付する資料の収集は任意保険会社が行います。被害者請求と比べて手続きの手間が省け楽です。しかし、被害者と加害者側の任意保険会社との関係は利益が相反する関係です。加害者側の任意保険会社は、賠償金が小さければ小さいほど自社の損失が小さくなります。示談交渉は、適正な補償を受けたい被害者と示談額を抑えたい保険会社の攻防の面もあります。

(2)加害者請求

まず、加害者が被害者に損害賠償金を支払い、後で自賠責の保険会社に保険金を請求する方式です。加害者側の任意保険の対象となる事故であればその保険会社が示談を代行するので一括払い方式になります。任意保険の対象にならない事故だと保険会社の示談代行もないので加害者が加害者請求することになります。

(3)被害者請求

被害者が直接相手車両が加入する自賠責の保険会社に対して損害賠償の請求をすることもできます。相手の保険会社名は事故証明書に記載されています。被害者請求は、加害者が不誠実で困る場合や、加害者側の行う請求手続きが信頼できない場合に利用されます。


自賠責保険の重要な用語

  1. 被保険者

    保険の補償を受ける人、または保険の対象になる次の人をいいます。

    1. 被保険自動車の保有者およびその運転者をいいます。
  2. 保有者およびその運転者

    自動車損害賠償保障法第2条に規定する保有者または運転者をいいます。

    1. 保有者

      自動車の所有者その他自動車を使用する権利を有する者で、自己のために自動車を運行の用に供するものをいう。

    2. 運転者

      他人のために自動車の運転又は運転の補助に従事する者をいう。