よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > ドライバー保険

この見出しのイメージ図

ドライバー保険

1.ドライバー保険とは

自動車を持っていない人が人の車を借りて運転する場合の事故に備えるための保険です。1年間に数回程度借りるだけならドライバー保険よりも1日自動車保険の方が料金が安上がりです。しょっちゅう人の車を借りるという人の場合に適した保険です。ただし、1日自動車保険と違い車両保険のような補償は付きません。

保険期間は1か月、1年と長いので保険料はそれなりの金額になります。

2.何のために必要か

借りる車に付いている保険では自分が補償されない場合に、万一の事故に備えて補償をつけるために必要です。

たとえば、年齢条件特約で自分が補償の対象外の年齢である場合(注)や、運転者限定特約が付いているため自分が補償の対象外になっている場合などです。

友人・知人等の車を借りる場合にその車の保険の補償が受けられる場合でも、貸主さんに保険料が上がる迷惑を掛けないために、別途に1日保険に入る場合もあります。

また、車に付いている保険では、補償不足だと思う場合や、車両保険が付いていない場合などに補償を充実させて安心を得るために利用される場合もあります。

(注)年齢条件特約で制限されるのは、特約の対象者だけです。(特約対象者 : 記名被保険者、配偶者、それらの同居の親族や別居の未婚の子、左記の人の使用人。保険会社により範囲が異なることがあります。)

3.契約する保険金額の考え方

たまに乗るだけであっても、事故への備えは通常の保険と同様に考えることが必要です。対人・対物賠償責任保険は無制限で、人身傷害保険を付けるなら妥当な保険金額で入ることが望まれます。

4.ドライバー保険についている補償

下記は、三井ダイレクトのeドライバー保険の場合です。保険会社により人身傷害保険が無い場合もあります。車両保険は付いていません。

5.保険金が支払われる場合

各保険種類の支払われない場合に準じます。

6.保険金が支払われない場合

各保険種類の支払われない場合に準じます。