よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 自動車保険の種類  > ファミリーバイク特約

この見出しのイメージ図

ファミリーバイク特約

1.ファミリーバイク特約とは

被保険者が原動機付自転車(125cc以下、側車付きは50cc以下)を運転中に起こした対人・対物・自損事故について被保険自動車と同様の保険金が支払われます。

人身傷害付きのファミリーバイク特約を扱う保険会社もありますが、その場合、主契約の自動車保険に人身傷害保険がセットされている事が条件になります。

2.何のために必要か

被保険者の中に原付自転車に乗る人がいるとか、家に原付自転車がある場合には、かけておいた方が良い特約です。16歳から原付免許が取得できますが、若いとどうしても保険のことまでは気が回らないものです。たとえば、息子が原付免許を持っているが、家にはバイクはないから無関係と思いがちですが、友人のバイクに乗っているかもしれません。

また、バイクを使うのが一家の大黒柱のような方の場合には、補償が手厚い人身傷害付のファミリーバイク特約がおすすめです。

3.支払われる場合

  • 自動車保険の運転者限定特約、家族運転者等の年齢条件に関わらず補償されます。
  • 原動機付自転車をご契約の車(被保険自動車)とみなして、保険契約の条件に従い補償されます。
  • この特約を使っても等級ダウンはせず、翌年の保険料に影響しません。

4.支払われない場合

支払われない場合の規定は、自動車保険の対人賠償保険・対物賠償保険・自損事故傷害保険・人身傷害保険と同じです。他に追加されるものとして次のものがあります。

  • 被保険者の原付自転車を、被保険者の業務(家事を除く)のために、被保険者の使用人が運転して生じた事故。
    ただし、その使用人が被保険者に該当する場合を除きます。
  • 被保険者の使用者(雇い主)の所有する原付自転車を、その使用者の業務(家事を除く)のために、被保険者が運転して生じた事故。
    ただし、その使用者が被保険者に該当する場合を除きます。
  • 被保険者が原付自転車を取扱う業務のために、所有、使用または管理する原付自転車について生じた事故
  • 原付自転車の無断借用中に生じた事故
  • ファミリーバイク特約が重複しても支払われるのは一つだけです。
  • 自分のバイクの修理費用は支払われません。

ファミリーバイク特約の重要な用語


被保険者

保険の補償を受ける人、または保険の対象になる次の人をいいます。

  1. 記名被保険者
  2. 記名被保険者の配偶者(内縁を含む)
  3. 記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  4. 記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
次のものは被保険者に含まない
上記の被保険者の内、業務として原付自転車を扱う者