よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  > 安くする方法集  > 事故を起こしても損得計算をしてから保険の使用を決める

自動車保険を安くする方法 その他編1

保険料が安くなる車を買う(料率クラス)

同じ年齢、同じ補償内容、同じ等級、同じ保険会社でも保険料に差が付くのは、車の料率クラスの差です。料率クラスは、車種別形式別に設定されており対人賠償保険、対物賠償保険、傷害保険、車両保険ごとに1から9までの料率で区分され、数字が小さいほど保険料が安くなります。料率は、損害保険料率算出機構が会員保険会社からの事故や盗難などのデータを分析し、毎年見直しがされています。保険金支払いの多い車種形式は料率が高くなります。

↓ ↓ ↓

車を買い換える時に保険料のことも考えてスポーツタイプよりは大人しい目など、料率の低い車を選ぶのも保険料の点では、良いことです。

しかしながら、車を選ぶ場合は保険料よりも趣味が先行するでしょうから、せめて買う前に保険料の見積もりをしておけば、後からアレ~と思うことはなくなるでしょう。
自動車保険料率クラスデータをネットでオープンにしているサイトもあるので参考にされてはいかがでしょうか。