よくわかる!自動車保険を選ぶ際の注意点


Home  >  自動車保険の選び方

この見出しのイメージ図

自動車保険の選び方

賠償金を背負う図

自動車保険は、むずかしい。いいえ、本当はそんなことはありません。約款(やっかん)などの契約条項が非常に分かりづらく書かれているだけです。なんで分かりづらいままなのか? 誰でも分かるように書いておけば、保険金不払いの発生がなくなると思うのですが。

さて、本当はむずかしくない自動車保険ですから、その選び方を知ってください。そして、必要な補償だけをセレクトして下さい。無駄な補償を付けなければ保険料が安くなります。


1.安い方か、頼れる方か、あなたはどちら派?

1つ目のポイントのイメージ図

とにかく保険料を安くしたい人には、代理店コストがかからないダイレクト型の保険が適しています。ただし、補償を自分で選ばなければなりません。自動車保険は、決してむずかしくないのでぜひこのホームページを参考にして保険選びにトライしてください。

事故を起こしたり巻き込まれた時に身近に専門家がいて欲しい人は、自動車保険に詳しい人がいる保険代理店で加入する方が安心です。
代理店といっても1社専属の損害保険専業代理店のほか生命保険をメインに複数社を扱う来店型保険代理店やディーラーや整備工場などの兼業代理店がありますが、重要なことは、そこに自動車保険に詳しい人がいて、あなたにぴったりの保険を組み立てられる力があるか、イザという時に親切かどうかです。地元で評判の良いところが間違いないかなと思います。

ダイレクト型(通販型)と代理店型の比較

項目 ダイレクト型(通販型) 代理店型
保険料 安い 高い
見積りの比較 ネットで見積もって比較可能 1社専属なら無理
来店型保険ショップでは複数社を取扱う
加入時のアドバイス なし あり
事故時の頼りがい 並み
現場の距離にもよりますが

2.必要な補償を選ぶ

2つ目のポイントのイメージ図

保険の内容が理解出来れば自分に必要な補償がどれで不要な補償がどれなのかが分かります。
不用な補償をつけないことで保険料の節約が出来るし、本当は必要だった補償がついていなかったなんてこともなくなります。
また、保険金額をどの程度にしておくのが良いのかも分かります。自動車保険を選ぶ上での必要な知識があれば迷うこともなくなります。

とりあえず加入するのに必要な知識は保険会社のホームページで得られます。しかし、自社に有利なことは書いてあるけれど、他社より劣る所は大抵の場合書いていません。やはり、保険の比較をしてより良い保険に入りたいものです。それには、各社のホームページで保険の内容を確認したり、見積もりの比較をします。

3.割引制度を利用する

3つ目のポイントのイメージ図

運転者の事故のリスクの度合いによる保険料の割引きや安全装置の有無等による保険料の割引など各社で色々な割引制度が用意されています。会社により割引制度の違いがあります。各社ホームページでアナウンスしている特徴(他社との違い)は一見したほうが良さそうです。

割引制度以外でも保険料に差が出る要素もあります。

なお、保険選びで保険料の安さを重視する場合は、各社の割引制度の細かいチェックよりも、最終的な保険料の違いの方が重要です。


自動車保険の割引制度一覧表

注.会社により制度の内容や制度の有無が違います。
早期契約割引 契約始期日より45日以上前に契約申込みをされた場合
継続割引 契約を継続する場合
インターネット割引 インターネットにより契約申込みされた場合。
証券不発行割引 インターネットで契約手続きを行い、証券不発行割引を選択された場合。
新車割引 新車(契約期間の初日の属する月が初度登録年月・初度検査年月から25か月以内の場合に適用)の場合の割引。(二輪・原付は除きます)。
ノンフリート等級 申込者の等級や事故有係数適用期間によって保険料の割増率・割引率が決まります。
運転者年齢条件特約 運転者(記名被保険者・配偶者・同居の親族等)に年齢条件(21歳以上、26歳以上、30歳または35歳以上)を設定することで保険料が安くなります。
運転者限定特約 運転者を本人のみ型、夫婦型(記名被保険者と配偶者)、家族型(同居の親族・別居の未婚の子)に限定する場合の割引き。
運転免許証の色 保険始期日においての記名被保険者の免許証の色がゴールドだと割引き。
長期優良割引 前年事故(ノーカウント事故を除く)がなく、ノンフリート等級が一定の等級以上の契約者の方で、かつ一定の運転者年齢条件に合う場合の割引き。
エコカー(低公害車)割引 低公害車(ハイブリッド自動車、電気自動車、メタノール自動車、天然ガス自動車)の場合の割引き。
初度登録年月(初度検査年月)から13か月以内の場合のみ対象となる会社が多いようです。
セカンドカー割引 1台目の等級が11等級以上で、2台以上自動車を所有する場合には、2台目の最初の契約について7等級新規として料率が適用されます。
ノンフリート多数割引 2台以上の自動車を1保険証券でご契約される場合に、台数に応じて割引き。保険会社により割引率が違いますが、3台から6台で概ね3%引き、7台以上で5%引きになります。
イモビライザー割引 盗難防止装置(イモビライザー)を装着している場合(車両保険料が割引き)
福祉車両割引 自動車の消費税が非課税となる福祉車両である場合(エコカー割引との重複不可)
エアバッグ装備車割引 自家用普通乗用車、自家用小型乗用車を除く(標準装備のため)
ABS装備車割引 自家用普通乗用車、自家用小型乗用車を除く(標準装備のため)
横滑り防止装備車割引 自家用普通乗用車、自家用小型乗用車を除く(標準装備のため)
衝突安全ボディ自動車割引 自家用普通乗用車、自家用小型乗用車を除く(標準装備のため)

保険料に差が出る要素一覧表

注.会社により制度の内容や制度の有無が違います。
自動車の用途車種(型式) ナンバープレートの分類番号、色などの区分や型式別料率クラスなどによって保険料が異なります。料率クラスは毎年見直されます。
記名被保険者の年齢 運転者の年齢条件特約で26歳以上補償または、35歳(30歳)以上補償を選択した場合に、記名被保険者の年齢によっては保険料が高くなります。
運転する地域 記名被保険者の住所により保険料が変わる地域があります。(北海道、東北、関東・甲信越、北陸・東海、近畿・中国、四国、九州・沖縄)
車両使用目的 通勤・通学使用(月15日以上通勤・通学に使用する場合)、業務使用(月15日以上業務に使用する場合)、日常・レジャー使用(前記の二種類に該当しない場合)
年間走行距離 走行距離が多いほど保険料が高くなります。(5,000Km以下、5,000Km超10,000Km以下、10,000Km超等)

4.サービス内容もチェック

4つ目のポイントのイメージ図

事故対応は、基本的には自動車保険に詳しい人がいる代理店から加入するのが間違いないです。事故にあった時には、代理店の担当さんの的確なアドバイスなどが期待できます。ただし、保険料自体はダイレクト型(通販型)よりは高くなります。ダイレクト型(通販型)の事故対応がダメなわけではなく、良い担当者がついた場合には満足のいく対応をしてくれます。逆に、代理店から入っても担当者によってはあてにならないこともあります。事故対応担当者の能力レベルで左右される部分があり、この会社なら絶対大丈夫というのはありません。


ロードサービスは、各社ともどんぐりの背比べ的な感じで大差はありませんが多少の差があります。
たとえば、自分が指定する修理工場までレッカーで運んでもらう場合は、会社によって搬送距離が違います。ガス欠時のガソリン10リットルの無料配達はほとんどの会社で付いてますがガソリン代が有料・無料の差はあります。遠隔地で修理した場合は、自宅までの搬送費用が無料だったり50KmまでOKだったり、10万円分まで無料だったりの差はあります。その他に宿泊費や帰宅費のサービスで若干の差はありますが、ロードサービスの差で保険を選ぶものでもありませんが同じ保険料ならサービスの充実している方がいいですね。

保険選びは、近視眼的でなく大局から見て必要な補償に漏れがないかを確認することをおすすめいたします。